SKYCOM

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 149
  • 公開日時 : 2017/06/09 17:53
  • 更新日時 : 2020/07/08 20:30
  • 印刷

SkyPDF 2016の画面でアマノタイムスタンプの付与や検証ができない

SkyPDF Viewer・Standard・Professional 2016がインストールされている環境で
"e-timing EVIDENCE Verifier for Acrobat"および
"e-timing EVIDENCE 3161 for Acrobat"のVer3.20がインストールされている場合、
"SkyPDF 2016"の[署名]メニューからのアマノタイムスタンプ付与及び検証が行えない。
(SkyPDF 2016の動作が停止する)
 
エラー例:「署名できませんでした」
 
※ただし、ドライバー(SkyPDF Pro Driver)からのタイムスタンプ付与は可能である。

 
カテゴリー : 

回答

【恒久策】
・SkyPDF 7シリーズでは改修済みです。
・SkyPDF 2016シリーズではVer.6.0.6(Build:6.0.0.6)以降で改修済みです。
 バージョンアップをご検討ください。
 
 改修確認:リリースノートより確認
      ※関連FAQ「リリース内容(機能追加・修正内容)を確認したい」参照
 
【回避策】
 以下の手順で対象のファイルを
 インストールフォルダ(SkyPDF2016)の直下にコピーすることにより
 Viewer側でのアマノタイムスタンプ付与及び検証が可能になります。
 
 手順)
 ①現象発生しているPCで「SkyTimeStampAMANOLibW」フォルダを開きます。
 
 <64ビットOSから参照する場合>
  C:\Program Files (x86)\SKYCOM\SkyPDF2016\Plugins\SkyTimeStampAMANOLibW
 
 <32ビットOSから参照する場合>
  C:\Program Files\SKYCOM\SkyPDF2016\Plugins\SkyTimeStampAMANOLibW
 
 ②「SkyTimeStampAMANOLibW」内のフォルダとファイルを全てコピーします。
  ※「移動」ではなく、必ず「コピー」でお願いいたします。
 
 ③「SkyPDF2016」フォルダを開き、②でコピーしたものを貼り付けします。
 
 <64ビットOSから参照する場合>
  C:\Program Files (x86)\SKYCOM\SkyPDF2016
 
 <32ビットOSから参照する場合>
  C:\Program Files\SKYCOM\SkyPDF2016
 
 
対象製品
SkyPDF Viewer / Standard / Professional / Touch Ink for win