SKYCOM

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 51
  • 公開日時 : 2017/04/21 17:06
  • 更新日時 : 2020/06/02 14:52

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)について

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)は、PDFファイルの閲覧期間や閲覧回数を設定することで、期間や回数を超えて閲覧できないようにし、情報流出リスクを低減させることができます。
(期間や回数を超えるとPDFファイルは自動消去されます)
 
これにより、機密性を確保して電子文書(PDF)の独り歩きを抑止します。
 
時限セキュリティは、SkyPDF 7シリーズ(Professional系)、SkyPDF Professional 2016 Ver.6.0.4(Build:6.0.0.4)より標準機能となりました。
 
 
時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)を閲覧する際の動作を教えてください

回答

時限セキュリティ付きPDFファイルは、ファイル閲覧時に時限内容に関するメッセージダイアログが表示されます。
 
■閲覧回数・閲覧期限ともに制限内で閲覧した場合
① ファイルの初回閲覧時に、以下のメッセージが表示されます。
 
 ======================
 ファイルのアクティベーションを行います。
 アクティベーションされたファイルは、
 アクティベーションを行ったコンピュータでのみ閲覧する事が出来ます。続行しますか?
  ======================
② ①の画面で[OK]をクリックします。次に以下のメッセージが表示され、閲覧が可能となります。
 
 ======================
 開いたファイルは時限付きPDFファイルです。
  閲覧回数:残り○回
  閲覧期限:20XX年XX月XX日まで
 ======================

■閲覧制限回数、もしくは期限に達した場合
例)閲覧回数3回が設定されたファイルの閲覧3回目
 
ファイル閲覧終了時に、以下のメッセージが表示され、ファイルが消去されます。
 ======================
 このPDF文書に設定されている閲覧回数制限に達したため、このPDF文書は削除されます。
 ======================
 ※閲覧期限の場合は、期限を過ぎるとファイルが削除されます。
対象製品
SkyPDF Viewer / Standard / Professional / Touch Ink for win