SKYCOM

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 51
  • 公開日時 : 2017/04/21 17:06
  • 更新日時 : 2020/06/02 14:52

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)について

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)は、PDFファイルの閲覧期間や閲覧回数を設定することで、期間や回数を超えて閲覧できないようにし、情報流出リスクを低減させることができます。
(期間や回数を超えるとPDFファイルは自動消去されます)
 
これにより、機密性を確保して電子文書(PDF)の独り歩きを抑止します。
 
時限セキュリティは、SkyPDF 7シリーズ(Professional系)、SkyPDF Professional 2016 Ver.6.0.4(Build:6.0.0.4)より標準機能となりました。
 
 
コピーをメールで送付した時の受信者側の挙動を教えてください

回答

メール添付などで他者へ渡した場合も、PDF文書の独り歩きを抑止するため、
誰のどのパソコンであるかに限らず、開いた瞬間にアクティベーション処理が開始されます。
 
Aさん:時限付きPDFファイル(閲覧回数:3回)を作成(=原本)し、その複製(コピー1)を作成。
 
<例1>
① Aさんは原本を一度も開かずに、コピー1をBさんにメールで送付します。
② Bさんがファイルを開きます。ファイルは正常に開くことができます。
 ※ Bさんが開いたファイルの閲覧回数は残り2回となります。(Bさんが、3回中1回開いたので)
 
<例2>
①Aさんが原本を開きます。(ここでアクティベーション処理が開始される)
 ※この時コピー1は開いていません。
②コピー1をBさんにメールで送付します。
③ Bさんがファイルを開きます。
 以下のメッセージが表示され、Bさんはファイルを閲覧する事はできません。
 =====================
 ファイルのアクティベーションに失敗しました。ファイルを開くことはできません。
 =====================
 
対象製品
SkyPDF Viewer / Standard / Professional / Touch Ink for win