SKYCOM

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 51
  • 公開日時 : 2017/04/21 17:06
  • 更新日時 : 2020/06/02 14:52

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)について

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)は、PDFファイルの閲覧期間や閲覧回数を設定することで、期間や回数を超えて閲覧できないようにし、情報流出リスクを低減させることができます。
(期間や回数を超えるとPDFファイルは自動消去されます)
 
これにより、機密性を確保して電子文書(PDF)の独り歩きを抑止します。
 
時限セキュリティは、SkyPDF 7シリーズ(Professional系)、SkyPDF Professional 2016 Ver.6.0.4(Build:6.0.0.4)より標準機能となりました。
 
 
時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)を開きたい

回答

以下の製品をインストールして閲覧してください。
 
・SkyPDF Viewer (すべてのバージョン)
・SkyPDF Standard (すべてのバージョン)
・SkyPDF Professional 2010 Plugin TimerPDF
・SkyPDF Professional 2012 Plugin TimerPDF
・SkyPDF Professional 2016 Ver.6.0.4以降
・SkyPDF 7シリーズ(すべてのバージョン)
 
ただし、これらの製品をインストールしている場合でも、IE等のWEBブラウザ上では表示できません。
※「SkyPDF Viewer」はこちらで無償配布しています。
 
 
【閲覧動作】回数制限付きのPDFファイルについて
 
ファイルの初回閲覧時に、以下のメッセージが表示されます。
<初回メッセージ>
============================
ファイルのアクティベーションを行います。
アクティベーションされたファイルは、
アクティベーションを行ったコンピュータでのみ閲覧する事が出来ます。続行しますか?
============================
 
回数制限3回と設定したPDFファイルの場合、3回目の閲覧後、ファイルを閉じる際に以下のメッセージが表示され、ファイルが自動で削除されます。
 
<最終回メッセージ>
============================
 このPDF文書に設定されている閲覧回数制限に達したためこのPDF文書は削除されます。
============================
 
【閲覧動作】閲覧可能期限付きのPDFファイルについて
 
閲覧可能期限日を過ぎてPDFファイルを開くと、以下のメッセージが表示されファイルが自動で削除されます。  
 
<期限経過後のメッセージ>
============================
開こうとしたPDF文書に指定されている閲覧期限を超えています。開こうとしたPDF文書は削除されます。
============================
対象製品
SkyPDF Viewer / Standard / Professional / Touch Ink for win