SKYCOM

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 51
  • 公開日時 : 2017/04/21 17:06
  • 更新日時 : 2020/06/02 14:52

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)について

時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)は、PDFファイルの閲覧期間や閲覧回数を設定することで、期間や回数を超えて閲覧できないようにし、情報流出リスクを低減させることができます。
(期間や回数を超えるとPDFファイルは自動消去されます)
 
これにより、機密性を確保して電子文書(PDF)の独り歩きを抑止します。
 
時限セキュリティは、SkyPDF 7シリーズ(Professional系)、SkyPDF Professional 2016 Ver.6.0.4(Build:6.0.0.4)より標準機能となりました。
 
 
時限付きPDFファイル(時限セキュリティ)を作成したい(Professional 限定機能)

回答

時限セキュリティは、以下の設定が可能です。
  • 閲覧回数のみ
  • 閲覧期限のみ
  • 閲覧回数と閲覧期限
  •  
【作成手順】
①時限セキュリティ付与したいPDFファイルを開きます。
 
②メニューより[ファイル]-[PDFに時限をかける]を選択します。
 
 
③「セキュリティ設定」画面が開きますので、画面下部の[時限セキュリティ](チェックON)欄で設定します。
 
 
④ 「セキュリティ設定」画面は[OK]をクリックして閉じます。
 
⑤「名前を付けて保存」画面が表示されますので、任意の場所に保存してください。
 
  ファイル名は、自動的に”元ファイル名_時限”と表示されます。
  必要に応じてファイル名を編集して、元ファイルとは別名で保存してください。
 
 
⑥時限セキュリティをかけたPDFファイルを閉じます。
 
  作成後に確認のためにPDFファイルを開くと、その時点でアクティベーションされてしまいます。
  作成後に他社に配布する場合は、PDFファイルを開かないでください。
対象製品
SkyPDF Viewer / Standard / Professional / Touch Ink for win